全ての釣り人が絶対に覚えないといけないことがある。結び方だ。

 

どんなシンプルな仕掛けでも必ず針と糸を結ばなければならない。

どんなにロッドやリールが進化しても、針と糸の形はほとんど変わることはないだろう。

そう、針と糸をむすぶ技術はテクノロジーではどうにもならない。

体で覚えるしかないんだ。

とっておきの良著をおすすめしよう。

 フィッシング・ノット事典

この本のすごいところは、ノットの結束力を実際に機械で測定して数値で教えてくれていることだ。もちろん、イラストなんかも豊富で結びを簡単に理解できるぞ。

フックとラインの結び方、ラインとラインの結び方など海や淡水、いろんな仕掛けにあわせた結び方がこれでもかと紹介されている。

筆者もこの本を何回も何回も読み直して、ライン同士の結び方や、バロマーノットなどを覚えた。

一度、手が覚えてしまえばノットは一生の宝物だ。

いろんな結び方が出来るだけで、アングラーとして成長した感じが味わえるぞ。

とにかく、結びを覚えるんだ。

 

フィッシング・ノット事典 (OUTDOOR HANDBOOK)